メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒258日目   メケさんってどんな人?

おはようございます。

 

メケです。

 

 

本題です。

メケさんってどんな人?

はい。

私は生きづらさの解消法を知らず、酒とともに歩んできた人です。

これが本日の答えです。

 

 

 

お酒を知ったのは、大学生の頃。

寮生活していた時に、お酒を飲むようになりました。

すでにその時に飲み過ぎて記憶をなくすことがありました。

 

今考えると、その時から飲まずにはいられない

何か生きづらさみたいなのを抱えて生きていたのかもしれません。

 

 

大学出たての新社会人のときはお酒は家で飲む程度。

当時一人暮らししてました。

ビール350mlを1,2本の生活でした。

タバコも当時吸ってましたしね。

ヘビースモーカーでした。

今は吸ってません。

 

 

新卒の仕事は三年後やめました。

今でいうブラックでした。

ポケベルが流行った時代ですね。

今のようなSNSはありません。

仕事の内容は営業で嫌ではありませんでしたが

生活が成り立たないと将来に希望を持てません。

辞めたのです。

 

 

それから再就職しますが、長続きせず職を転々としました。

1年ほどそういう状態でした。

今思うと、ことごとく自分に向いてなかったのでしょう。

悪い特性が前面に出ていたのだと思います。

酒量多かったです。

 

 

たまたま、今のところに就職できて

今まで長いこと勤めさせていただいております。

今の会社でいろんな職場を経験しました。

 

自分の特性がいい方に発揮できる職場では

仕事は順調で、評価もされ、私生活も充実していました。

そういう職場を2回経験しました。

そういう時は酒量少なかったです。

 

 

自分の特性の良くないところが出る職場では

それはもうさんざんでした。

当然酒量もMax。

そういう職場を3回経験しました。

その3回目が今の職場です。

 

 

会社の業績が悪くリストラ、組織の統廃合、会社を去っていく人、残った人。

私は残れましたが、職場、業務内容変わりました。

先行き不安なストレスMaxに加えて、再現した悪夢のような日常業務。

私の悪い特性が出る業務内容だったのです。

普段から晩酌程度で飲んでいればお酒に手が伸びるのは当然ですね。

 

それから自分のコントロールを失っていく生活が再現したのです

お酒によって、制御不能になって行ったのです。

 

 

今思うと、すべて私に起こったことは必然です。

なるべくしてなったと思っています。

 

 

お酒は常に私の人生とともにありました。

 

 

結婚するまでの独身時代は一人暮らししていました。

たしなむ程度の時もあれば、

酒量が増えた時もあるし、

週に2~3回、仕事帰りに居酒屋へ会社の人と飲みに行ったり。

飲み方は変われども、

常に私の人生にお酒は必須な状態だったと思います。

そんな感じで、お酒はずーっと飲んでました。

 

 

今思うと酒量が増えたり、減ったりを繰り返していたように思います。

 

 

仕事がうまくいかない時、

就職先がうまく続きそうにない時、

大病を患ったとき、

大きなストレスがかかった時ほど、

お酒の量が増えていたような気がします。

 

 

大前提として生きづらさを抱えていたことも

お酒を頼る原因だったとも思います。

 

 

また、若い頃よりスポーツをよくする人でしたので、

試合に勝ったときや、

試合の後なんかには必ずお酒でした。

みんなと飲むお酒。

楽しい時は一人では飲んでなかったように思います。

 

 

結婚して、子供に恵まれ、この時もお酒飲んでましたけど、酒量少なかったです。

私の特性が仕事にいい方に現れる職場だったのでしょう。

ビール500ml1本と焼酎。焼酎は月に1.8Lを1本いかないぐらいでした。

もしかしてこれでも一般的には多いのかな? 

よくわかりません。

結婚してからは酒量少ないまま10年ぐらいかな過ごしていました。

同じ職場でした。

特性の悪いところも出ず仕事も順調でした。

たまに飲み過ぎることはありましたけども。

いつもいつも常に飲んでいたことはなかったです。

いわゆる、ちょっと酒好きな晩酌よくするお父さん的な感じのつもりでした。

 

 

 

すでに、リストラの話が出ててきた時からストレスフルだったんでしょうね。

ただでさえ生きづらさを抱えていたのに・・・

リストラの後、組織の統廃合が進む中で、新しくついた職場でうまくいかず・・・。

あの悪夢の日々が再現したのです。

普段から酒飲んでたらそりゃぁ、酒に手が伸びるでしょう。

 

 

そして、ある日、クリニックの門をたたくことになるのですね。

わたし、おかしいんです。

仕事できないんですってね。

その時の話です↓

meketan.hatenablog.com

 

すでに、その時は、酒量も増え、通常のお酒では酔いが回らず、

ほら、最近言われているアルコール度数の高い炭酸飲料・・・名前忘れた!! 

あれ、あれ、そうそう、ストロングゼロ

2~3本500ml飲んだ後、

焼酎ほぼロックで飲んでいました。

1.8Lの焼酎1本では1週間全然持ちませんでしたね。

正直、同じ店で毎回お酒買うの恥ずかしくて、

何件もお店ローテーションしてました。

私的に末期の頃ですね。

 

 

 

若くてお酒知らなかったときも

 

何かから逃れたかったのかもしれんせん。

親元を離れたい一心で県外の大学へ行ったのかもしれません。

県外へ出ても、心が満たされず・・・。

お酒に出会って、お酒に頼るようになったんでしょうね。

 

 

自分が嫌だったんだと思います。

嫌な自分から逃れるために、実家を出て

一人暮らしをする。

結婚しても、何かあると、自分が嫌で心がさまよう。

その時に必ず、お酒に居場所が落ち着く。

そんな、人だったのかもしれません。

 

 

今は自分の心がさまよわないように、

考え方を変えられるよう継続中です。

 

 

あーーー、やっぱり暗いしんみりした話になってしまいましたね。

 

 

 

 

今までの話で何か気づくことありませんか?

 

そうです。

自分が幸せだと感じていた時は酒量少ないんですよね。

自分の心が満たされると、人ってお酒要らないんじゃないかって思うんです。

 

なので、やっぱり、お酒から離れるためには自分が今を幸せだと思って、

幸せを感じられるような生き方をすればいいんじゃないかなって思うのです。

 

 

ということで

私、メケは生きづらさの解消法を知らず、

酒とともに歩んできた人でした。

っていう話でした。

 

 

どこまで行っても嫌な自分からは逃れられませんでしたけどね(^_^)

でも、今は過去に学び、生き方を変えようとしてま~す(^.^)/~~~

まずは自分を満たし、好きになることかな。

継続。

f:id:Meketan:20190906123738j:plain

好きな道を選べばいいんです。

楽しいと思える方へ。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


禁酒・断酒ランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村