メケタンの断Mekeブログ

酒から解放され、自由になるためのブログ

断酒228日目   依存症ってどういうものなのですか?

おはようございます。

 

メケです。

 

 

はい、本題です。

依存症ってどういうものなのですか?

私なりの答えです。

心の問題なのではないかと思います。

コントロールを失う心の病気でしょうね。

 

 

意思の問題ではないと思います。

自己管理がなってないわけではないと思います。

それらが問題であれば、すぐにやめられるはずです。

 

やめられませんから。

何しても。

周りがどんだけやめさせようとしても。

 

やめられたとしても、再発する人もいるらしいです。

 

苦しいですよ。

本人も。

周りの人も。

 

 

依存症って

以下のようなものですかね。

  • 薬物依存
  • アルコール依存
  • ニコチン依存
  • ネット依存
  • 買い物依存
  • ギャンブル依存
  • 摂食障害

などなど、他にもあると思いますが、

詳しいことは本、ネットなどに出ていますので検索してください。

 

 

病院の先生に、あなたは依存症ですと診断されたら依存症。

 

診断されなくても、以下のような状態であれば、ほぼ同じなのではないでしょうか。

 

例えばアルコールの依存症なら、

ないといけない状態であり、

そのために日常生活に支障がでるなど。

機会飲酒であっても、飲むと止まらなくなり、問題行動を起こしてしまうなど。

会社に行けなくなる。

社会的信用を失うなど・・・・。

 

 

やめたくてもやめられないんですね。

自分でここで止めようとして止められるという、コントロールを失ってしまっています。

 

 

こんな経験ありませんか。 

 

ついつい飲み過ぎてしまい、二日酔いになったり。

 

もう、やめよう。

今日は飲まんとこ。

でも、また今日も飲んでしまったり。

 

今日は金曜日。

明日明後日はお休みだ。

さ、家に誰もいないし・・・・・。

うしししし・・・・。

 

なんてね。

 

そして、月曜日の朝、寝過ごすのです。

前の晩飲み過ぎて、・・・。

今日、ちょっと調子悪いので・・・なんて会社に電話したりなんかして。

 

それがずるずると、後はご想像にお任せします。

 

 

最初はただの嗜好ですね。

機会飲酒だったり、ちょっとした家での晩酌。

おいしいお酒を求めて・・・・。

おいしいお酒の飲み比べ・・・・。

お気に入りの居酒屋で、その場限りの人たちと盛り上がった話が楽しくて・・・。

 

最初は楽しいんですよね。

今楽しまれている方々が、楽しいままであり続けられることを祈ります。

 

これの怖いところは

本当にやめられなくなるまで、止めたいと思わないところなんです。

 

 

あれ?・・・・なんて思いながら

そんなに気にせず・・・飲む。

 

そのうち、健康診断に引っ掛かったり

ちょっとお酒止めてみると、再診はOK。

 

なぁんだ。大丈夫じゃん!!

てなもんで飲酒再開。

 

いやー、禁酒後の酒のうまいこと・・・なんてね。

この辺でもまだまだ、お酒止めようなんて思いませんよ。

 

 

 

何がきっかけなんでしょうね。

飲酒が加速するときって・・・。

ーストレスー

自分でコントロールできないほどの心のスタミナが切れた時ではないでしょうか。

とっても大きなストレスが自分にかかった時。

お酒飲んでなければ、お酒以外のことでストレスをを回避するかもしれません。

もしも、そういう大きなストレスがかかった時、

飲酒の習慣があったとしたなら、一番手っ取り早くストレスを回避できそうなのがお酒。

お酒で憂さを晴らすことでしょうね。

コンビニ、スーパー、居酒屋、どこででもお酒買えるし、飲めますからね。

 

 

 

何がきっかけなんでしょうね。

飲酒が加速するときって・・・。

ー生きてきた環境、特性ー

生きてきた環境、生まれ持っての特性など様々な要因が複雑にかかわりあって、そのストレスを和らげるために、アルコールに頼ってしまうのではないでしょうか。

とっても、根が深い問題ではないかと思います。

心の問題ですね。きっと。

 

 

 

何がきっかけなんでしょうね。

飲酒が加速するときって・・・。

ー思考の癖ー

思考の癖、いくらか関係しているのではないかと私的には思うのですが。

自分より他人を優先してしまうこと。

自分がない状態。

人の評価を気にしすぎる。自分を悪く思われたくない。

どうぞどうぞ私は結構です。他人を優先しすぎる。

周りを気にしすぎる。

自分さえ我慢しとけば。

自分に厳しすぎる。

自分を責めすぎる。

自分を信頼できていない。

空虚感。

何でか知らないけど自分が嫌。

自分の心の中を掘り起こし、自分自身で解きほぐさないとなかなか前へ進めないのかもしれません。

 

思考の癖を無視して、お酒をやめることもできるかもしれません。

思考の癖を無視して、お酒を止め続けることもできるかもしれません。

 

お酒

止め続けられない方も大勢おられます。

もしかして思考の癖?なんて思ったりしています。

これってもしかして、我慢の断酒なのかな。

とはいっても、他人の事。

他人のやめられない理由、私にも分かりません。

 

止め続けられない方々の、心の平安が訪れることを心よりお祈りいたします。

 

あ、私は、この思考の癖、

まさに、思考の癖の見直しが私に向いていたみたいです

それに気づいた、あの時の私に感謝です。

私も最初は我慢の断酒しておりましたので。

思考の癖は100人100通りの中の一つの方法かもしれません。

 

 

 

何がきっかけなんでしょうね。

飲酒が加速するときって・・・。

ーお酒だからー

まぁ、そうかもしれないですね。

だとしても、他の依存症の説明が付きません。

買い物、身体に悪いですか。

危険ですか。

度を超すと日常生活に支障をきたす点では同じですかね。

他の依存症とお酒は別物でしょうか。

 

 

やめられなくなった人にとってお酒で体を壊すという点では

お酒はほかの依存症と別物だといえばそうかもしれませんね。

 

 

 

現在もやめられなくて苦しんでおられる方がおられ、

お酒が原因で迷惑を被っている周りの方々もおられます。

 

 

お酒って本当に人々の生活に必要なものなのでしょうか?

たまに、夜テレビ見ると、まぁお酒のCMの多いこと。

 

 

お酒のよさそげな面だけでなく、

お酒の危険性も十分知る必要があると思うのですが。

 

 

お酒だけでないですね。

依存症とはどういうもので、コントロールを失ったらどういうことになるか。

家庭や学校、社会で教えたり、危険性を知っておいた方がいいのかなと思います。

 

 

 

ということで本日は

依存症とはコントロールを失う心の病気かもね

という内容でした。

 

みなさんに心の平穏が訪れますように!!

 

思考の癖・・・話し出すと長くなりそうなのでまた今度にします。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


禁酒・断酒ランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村